シリコン=髪に悪いもの

シリコン=髪に悪いもの

そんな印象を持っている人も多いかもしれません。

http://www.dolezalmusic.net/
でもシリコン自体は髪に悪影響を与えるものではなく、使いようによっては髪にとっていい働きをしてくれるものでもあるんです。

そもそもシリコンには指通りを良くしたり、髪同士の摩擦を軽減しダメージを防ぐといった働きがあります。

またシリコンには“ダメージ部分に付着して髪をコーティングする”といった作用もあるため、ツヤ出しにも効果を発揮します。

「ならシリコンって入っていた方がいいじゃない!」と思ってしまいそうなものですが、シリコン配合の製品にはデメリットも。

例えばシリコンは上でも書いたように、ダメージ部分に付着して髪をコーティングをしてくれますが、シリコンが剥がれるときに一緒にキューティクルまで剥がしてしまうことがあるため、さらにダメージを広げる原因となってしまいます。

またシリコンは高い油分でできているため、頭皮の油分が気になる人や頭皮が敏感な人にはオススメできません。

ちなみにシリコンが付着した部分は、パーマやカラーリングがかかりにくくなるため、施術を受ける回数が増え、それがダメージヘアの原因になっている可能性も。

最後にシリコンは髪をまとまりやすくしてくれますが、ボリュームを抑えてしまうためふんわりした髪型が好きな人はノンシリコンシャンプーが◎。

シリコンの有無は自分の好みや髪の状態に合わせてチョイスすることをオススメします♪

Posted in: 基礎知識