生姜紅茶を飲むと乾燥肌に効くって本当?

冬の寒い日に「生姜湯」を飲むと、体が温まります。

そこに紅茶を加えると、乾燥肌に効きます。

ここでは、乾燥肌に効く 生姜紅茶について説明しています。

体を温めてくれるのは、生姜に含まれるジンゲロールという辛味成分です。

ジンゲロールには、血行促進作用があります。

血流がよくなることで体が温まります。

また、血流がよくなることで、肌細胞に栄養分が届くようになり、乾燥肌が改善する可能性があります。

しかし、肌細胞の外に余分な水分がたまっていると、なかなか栄養分が肌細胞まで届きません。

生姜を摂ることで、腎臓の血流がよくなり、尿の出もよくなりますが、そこに紅茶に含まれるカフェインをプラスすることで、細胞の外にある余分な水分が出やすくなります。

カフェインには利尿作用があります。

「生姜紅茶を飲むと乾燥肌が改善する」のまとめ
いくら血流をよくして栄養分を細胞に届けようとしても、細胞の外にある余分な水分がじゃまをします。

余分な水分を体の外に出すには、腎臓の機能を高める「生姜」が最適です。

そこに利尿作用のあるカフェインを含んだ紅茶が、生姜のベストパートナーになります。

生姜紅茶に黒砂糖かハチミツを加えるとおいしくなります。

黒砂糖やハチミツには、豊富なミネラルが含まれていますので、滋養強壮作用が促進されます。

<注意点>
カフェインを飲み過ぎるとよくありません。

生姜紅茶は多くても1日に5杯程度にしましょう。

また、飲むのは寝る7時間から8時間前までにしておくと、カフェインによる睡眠の妨害が防げます。

Posted in: 肌質