医療レーザーによるワキの永久脱毛について

多くの人が、ワキ毛を除去する時にはカミソリで剃るか、毛抜きで一本ずつ抜くなどしていますが、肌に負担がかかるというデメリットがあります。自己処理による脱毛は、毛穴が赤く盛り上がったり、埋没毛ができてしまう原因になるので、出来ればやめた方が無難です。ワキのお手入れは場所的にも首を無理に曲げながら行うのでかなり大変ですし、面倒な作業になります。

最近は、脱毛エステやクリニックで脱毛施術を受けて、ムダ毛の再生を抑制しているという方もいるようです。脱毛クリニックでは、医療レーザーを用いて毛根にダメージを与え、ムダ毛の再生を防ぎます。ムダ毛をつくっている細胞にレーザーの熱を集めることで、新たにムダ毛の細胞をつくらないようにしています。一度処理した場所に新しくムダ毛ができないようにするには、レーザーでの脱毛ケアが効果的です。ですが人によっては、脱毛処理をした後にムダ毛が数本生え戻ってきたり、産毛状のムダ毛が生えてくることがあるようです。そういう点を踏まえると、医療レーザーは完全な意味での永久脱毛では無いという意見もあります。何年経っても、新しいムダ毛が生成されない状態を求めているなら、医療レーザー脱毛ではなく、昔ながらのニードル脱毛が適切だといえます。ワキの下は永久脱毛をしたいという考えから、ニードル法でのワキ脱毛をする人もいますが、施術費用が高かったり、時間や痛みの問題もあります。ワキの永久脱毛にはいくつかの方法がありますので、自分のニーズに合うものはどれかをよく検討してください。
http://www.pradahandbagpursessale.com/

Posted in: ボディケア