小顔になるボトックス注射のメリットとデメリット

ボトックス注射による美容施術で、小顔を目指す人が多くなっています。ボトックスという薬剤を注射することで、引き締まった小顔になれるというものです。ボトックス注射をすることは、どんな利点があり、また、欠点があるものでしょう。メスが皮膚を切らずとも、注射だけで施術が売れられることが、ボトックス注射の利点です。

ボトックス注射が人気があるのは、手術痕もなく、体への負荷が少なく、気軽に小顔になれるということにあります。ボトックス注射による小顔効果は、時間の経過によって元に戻りますので、一度やってみて失敗だと思っても、以前の状態に回復することが可能です。

それでは、どんな点が、ボトックス注射の弱点なのでしょう。

ボトックス注射の効果は永続ではないため、数ヶ月おきの注射が必要になります。ボトックス注射をしてから約三ヶ月が経過すると、神経から新たな運動神経への働きかけが始まって、筋肉が元通り動くようになります。

常にボトックス注射で小顔であり続けるためには、1年間に2~6回は注射をしなければならず、結果的に負担額が大きくなってしまうという欠点があります。ボトックスを注入する分量によっては、表情筋が動かしにくくなり、顔の表情が余り変わらなくなってしまいます。クリニックの選択は慎重に行い、信頼できるところでボトックス注射をしてもらいましょう。
おでこ しわ 消す

Posted in: スキンケア